3次元計測データからCAD製品モデル作成|3次元計側から3DCADデータ作成

三次元計測3次元計測データからCAD設計3次元CAD作成

物からのCAD設計、工業モデルからの設計

3次元CAD設計

2次元CADでは表現しきれなかった複雑な形状を、3次元立体的な視点から設計・製造することにより、
型製作での工具干渉などのチェックができます。

コンパスや定規では描けないような微妙なライン、ベジェ曲線形状の設計は、アナログ的にモデルを作り形状を確認しながら設計する事があります。製品の外装デザインや人間工学的なデザインなどの設計に多く利用されている手法です。完成したアナログモデルを3次元計測でデジタル化、計測データからCADモデリングとCAD設計へ、フィードバックします。

 

 

 

製品モデルの実物形状からの製品モデリング

3次元計測で取得したデ-タからコンピューで計算して作成するオリジナル面

3次元計測で取得したデ-タからCADモデリング方式で作成する面

以上の2種類あります。形状などの状態で選択します。

 

 

 

デ-タ出力

ソリッドモデルParasolid (x_t) (x_b)  SolidWorks(prt sldprt) step

IGES(igs)  STEP(stp)  ASC(asc)

 

 パラソリッド形式とは、Parasolid 系Parasolid 系(米EDP・PLM・Sol)が開発・販売している

 ソリッドモデリングカーネルの三次元CADです。

 

 IGES形式とは、I GES(米国規格協会(ANSI)が 定めた図形データです。幅広いCAD間で互換性

 があります。CAD間の演算方法の違いから、面の剥がれ、面の欠落等のトラブルが発生しやすい

 CADデータです。入り込んだフレット、トリムなどで発生します。

 

 ステップ形式とは、STEP(国際標準化機構(ISO)が規格化を進めている製品データ交換フォーマット

 ステップ形式は、IGESの欠点を克服しようとして始まて、IGESから生まれたといわれています。

 米国で生まれたIGES標準に対して、ドイツ、フランスなどが 別の標準を作り出したのがSTEPです。