3次元計測から金型用CADモデル作成

三次元計測3次元計測データから金型用3次元CAD作成

製品・金型 ⇒ 計測 ⇒ CADモデル作成

金型・モールド(鋳型)

鉄板を曲げるようなプレス型、 自動車部品などの鉄を流し込むダイキャスト金型、 プラスチックを溶かして流すプラスチック金型などいろんな分野で使われています。

製品形状をつかさどる部分である金型には、キャビ(CAVI)/コア(CORE)があります。 両金型のあわせ面をパーティング面と言います。金型製作には3次元CADで作られた製品モデルからCAD/CAMで金型設計、CAMデータからNC加工で製作します。工業モデルからの金型製作には、3次元計測から3次元CADデータを作成します。

プレス金型、プラスチック金型、ダイカスト金型、ゴム金型、セラミック金型、ガラス金型、鋳造金型、

鍛造金型、ダイカスト金型

 

 

工業モデル・金型などの実物形状からの製品モデリング

3次元計測で取得したデ-タからコンピューで計算して作成するオリジナル面

3次元計測で取得したデ-タからCADモデリング方式で作成する面

以上の2種類あります。形状などの状態で選択します。