コンピュータを用いて設計する3D CAD| 設計支援のCADシステム|3次元CADとリバースモデル

三次元計測3次元CAD

現物体3次元計測3DCAD作成・3Dデジタル

3次CAD、3DCAD、3Dデータ


立方体、三角錐、三角柱、円錐、円柱、球、リング状態等のを作図を専用ソフトウェアーで作図します。

物体の形状を立体的に描画することによって、複雑な形状や曲線などを、視覚的にわかりやすく表現することができる技術です。

3次元CADシステムはX,Y,Z座標を入力し、立体的なモデルを構築する。

3次元CADシステムは設計者がディスプレイ上で直接、製品形状をつくり上げ、CAMデータの作成などができる

1つの製品を構成している複数の部品を それぞれ作成し、3次元CAD上でこれらパーツを使って組み立てていくことができる。

製品の立体形状をわかりやすく表現できるため、実際の組み立て行程や、完成品の動作検証などができる。

工業製品の試作やプレゼンテーションの分野で、幅広く利用が拡大している。

製造業の分野では、3次元CAD(Computer Aided Design)の導入が進むと共に3次元CADデータを用いた強度解析(CAE)

加工,CAM:Computer Aided ManufactureringなどのCAD/CAMの導入がすすんでいます。

 

 3次元CADの設計 ラインのき出し、回転、移動、拡大、縮小、トリム、追加などで立体的に作図

  

<前のページへ戻る>