図面の基本となっていてる物の形状を平面(X、Y)に表現する技術の2次元CAD|2D CADで表現できない形状も3D CADでは表現できます。

3次元計測3次元CAD

2次元CAD、ニ次元CAD、2DCAD

2次元CAD、2DCAD、2Dデータ

2次元CADとは、製図図面の基本となっていて、製品の形状を平面 X方向、Y方向に表現する技術です。

ディスプレイ画面を、製図機のドラフターに見立てて、平面図面を描くものです。

上から見た図の上面図、横から見た図の側面図、前から見た図の正面図、カットした状態の断面図、などで作図します。

線、円、円弧、楕円、楕円弧、曲線、文字、などで描いて行きます

3次元CADと違い、頭の中で、2次元から3次元変換して、実際の製品の形状を想像しなければなりません。

専用CADには、機械向け、建築向けなど特定の業務向けに作図を効率的に行えるCADがあります。

 

 製図機のドラフター方式の2次元CAD

 

 

<前のページへ戻る>