コンピューターのプログラムパラメータプログラムの動作変更はプログラム内部ではパラメータによって制御されています。

3次元計測3次元CAD

プログラム内部のパラメータ制御、関数、引数

パラメータ  parameter

入力された値によってプログラムがデータベースから情報を抽出してソフトウエアを実行したりする値がパラメータです。

コマンドを実行する時に、特定の動きなどをさせるために オプションスイッチをパラメータと呼びます。

プログラムでは、一つの機能でも動作をかえられるように作成されている。

選択する設定値ボタンで動作の選択設ができる。動作変更はプログラム内部ではパラメータによって制御されている

ソフトウエアを実行したりプログラム内で関数を呼び出したりする時に、一連の処理を指定するために与える情報です。

パラメータはコンピューターのプログラムのなかで特定の機能を果たすためのまとまりの部分の引数です。

 関数電卓   パラメータに値を直接代入

  

 

<前のページへ戻る>