空気などの気体に圧縮性によって起こる現象の一つに衝撃波がある。

三次元計測3次元CAD

衝撃吸収材の開発、構造物の過渡解析、挙動解析

衝撃解析  衝突解析  衝撃吸収解析    

輸送中の荷扱い、または使用中に発生する衝撃を再現するために製品に衝撃荷重を加えて破断した時に要するエネルギーの大きさ、破面状態、亀裂の進展状況等を評価することをいいます。


衝撃・衝突解析 短時間において過大な負荷をうける構造物の過渡解析です。 衝突・落下・貫通など衝撃を伴う現象や、金属成形、リベント、およびボルト締結など極度の構造非線形性を持つ問題を効率的に解く解析。材料の破壊試験解析、フレームの成形解析、 フレーム材の衝撃による座屈解析、機械部品の押出し形成解析、航空電子機器の衝撃解析、携帯電話の落下衝撃解析、住宅建材の耐衝撃性解析などがあります。


衝撃吸収 衝撃吸収材の開発、自動車設計を中心に、衝撃吸収構造の検討に、衝撃吸収性の 高い材料開発、成形法の開発からトータルなCAEによる評価が高まっている。


原子力発電施設 爆発物等の衝撃荷重下における原子力発電施設等の構造物堅牢性を保守的に定量的評価するため 浅い自由水面境界や弾性構造境界を有する水槽系での水中爆轟バブル挙動解析  地中に設置された構造物(埋め込み防爆壁等)の衝撃荷重に対する挙動解析など原子力安全保安院より進められている。

  

 


<前のページへ戻る>