FEMは微分方程式を近似的に解くための数値解析の方法でCAD設計、構造物設計などで用いられています。

三次元計測3次元CAD

FEMで物体を単純に分解して近似、全体の動向を予測する。

FEM  有限要素法     

科学分野で数学的問題を数値演算で解く方法の数値解析の一つ。対象物を単純要素の集合体として、要素ごとに各要素を分割し、全体の近似値を求める手法のことをいいます。     

面と面の境界を有限境界で閉じられた面の領域をメッシュ分割で生成された有限の節点の値に、同時に成立する複数の線型方程式の組を誘導し説く方法といわれています。

未知関数の導関数を含んだ方程式を近似的に説く数値解析方法。構造力学や流体力学などのさまざまな分野で使用されています。

有限要素法は、連続した非連続の値に分割する離散化を利用した解析方法の一つ、コンピュータに於ける設計または住宅建築物や橋梁、塔、船舶などの構造物に関して作用する重さ、圧力、外力などで生じる応力解析分野などさまざまの問題に用いれられています。

 

<FEMの特長>

精度コントロールが可能な近似解法である。近似解は要素を小さくして高次の要素補間式を用いいて厳密解に収束するが保障される。

モデル化に対する柔軟性が高い。精密モデル化から簡略モデル化までのモデル化に柔軟性がある。

汎用性があり、応用範囲が広い。行列演算を用いいてコンピュータ処理に適した規則的な計算でありプログラミングにも適している。

 

 

 


<前のページへ戻る>