シェルはユーザと階層型に設計されたオペレーティングシステム の中核となる部分であるカーネルの仲立ちをしているプログラムです。

三次元計測3次元CAD

プロンプトの表示、コマンドの読み込み、コマンドの前処理、コマンドの実行

シェル  shell 

     
OSのオペレーティングシステム機能の一部です。

コンピュータ使用者のユーザーからの指示を受けて、プルグラムの起動や制御など行うプログラムです。

殻というシェルはオペレーティングシステム機能を実装している中心核部分の階層型に設計された外層として動作する。

米国の電気電子学会とUNI関連業界団体が定めたUNX系オペレーティングシステムシェルをし指すことが多い。

アメリカベル研究所でミニコン用に開発された時分割処理方式のOSシステムではシェルがユーザプログラムとして実装している

プルグラム名、プログラム出力を指定して文書の作成、数値計算など、ある特定の目的のために設計されたアプリケーションを起動。

シェルの出力、キーボードから入力し,画面に出力するようになっていてこの入力と出力の方法を変更する場合はリダイレクトを使用。

コマンド入力ヒストリ、過去に入力したコマンドを記憶しておき同じコマンドを再度実行したり、一部修正することができる。

エイリアス、アップル社のオペレーティングシステムで使用されている仮想ファイル機能、マイクロソフト社のショートカットと同様機能を持つ。

プログラム上で実行できるスクリプト言語の1つのシェルスクリプトでまとまった一連の入力を実行するバッチ処理。

条件に応じて実行させたり、繰返しコマンドを実行したりするための制御構造など。

 


<前のページへ戻る>