エッジ、CADの角出し、稜線出し

三次元計測3次元CAD

CADモデルのエッジ処理による角の丸めや面取りなど

エッジ  edge  

     
CADに関して用いられる主な用語として用いられています。

端、縁、のことで鋭い角を指します。

グラフィック理論において頂点間を結ぶ経路。

日本語における機械要素としての刃物ないしその鋭さに相当する意味を含む。

コンピュータネットワークの未端部。

エッジコネクタは、プリント基板の一部で基板面はエッジコネクター・シケットを差し込む接点を備えている。

スノボードやスキー板、スケート靴の滑走面の両側端、卓球台の上面端などをいいます。

 


<前のページへ戻る>