3D測定装置で実物体の3D形状を高精度に取り込むことができるようになり3Dモデラーなどのソフトウェア高品質なCG 画像を生成できます。

三次元計測3次元CAD

面クラスタ、幾何形状の階層型データ構造と高速描画処理

面クラスタ  Face cluster  

     
3D空間上のオブジェクトをの頂点を通じて連結した面の集合体です。

光学視差式距離計が組み込まれておるレンジファインダで医療画像機器などに取りいれられている。

3D形状測定装置を利用することで実物形状の3D形状データを高精度に計算し取り込むことができる。

3Dモデラのソフトウェアとパソコンの性能向上により複雑な形状計算ができ容易に生成することができます。

CG画像を高品質に生成するために再帰的に分割された構造を持つ階層型のラジオシティ法が用いられています。。

ラジオシティ法は、3Dグラフィックスを作成するときに利用、光源や間接光を描画する高品質なCG 画像を生成レンダリング手法。

ラジオシティ法は、物体同士の相互反射(大域拡散反射)が考慮されている。

ラジオシティ法は、エッジ処理に基づくメッシュは簡単な操作の繰返しの階層型データ構造で描画時に自由にコントロールできる

 

 


<前のページへ戻る>