インストルメントパネルの実物を三次元計測|デザイン検証型から3D-CADデータ作成

三次元計測インストルメントパネルのCAD化

インストルメントパネル製品の解析用、検証用等のCADデータ作成

インストルメントパネルのリバースエンジニアリング事例

 対象物
 インストルメントパネルの実物 
 三次元計測方法
 光学式非接触式スキャナー(ツインカメラ式高精度スキャナー)Solutionix社製 精度0.05mm 
 使用したソフトウェア
 RapidFormXOR3 リバースモデリングソフトウェア  INUS Technology社製 
 データサービスの内容
 三次元計測データからCADモデリング IGES及びパラソリッドデータで提供
 依頼社のデータ利用目的
 インストルメントパネルの実物をCAD化して製品の形状解析のため
インパネの実物
三次元計測 
点群 
ポリゴン面 
CADモデリング
 CADデータ出力

 

インストルメントパネル

 自動車の運転席に設けた計器、操作スッチ、オーディオ、エアコンなどを並べた前面パネルのことです。
 自動車の走行に必要な情報を指し示す計器類が配置されていています。
 自動車草創期に、馬を加速させるために踏みつけた板に、計器類を取り付けたのが始まりとされています。
 全面的に液晶ディスプレイに変わりつつあります。安全運転に必要な映像や画像情報を表示できる方法が加速されます。
 液晶ディスプレイの採用により画面を切り替えることによって、一つの液晶パネルで数多くの情報を表示できるようになります。

 

 

  

インパネモジュール
設計構築段階で成形流動予測、剛性予測を行い設計し製品完成後はリバースエンジニ アリング

を用いて性能評価まで検証を行なれます。

インパネは、部品同士の合わせ建付け、段差、隙間、の最小化 動き物の部品の操作感に統一

感の演出が可能で、高度の技術が必要とされています。

 

 デザイン検証型、試作品型、 量産型等の現物を三次元計測、計測データからリバースエンジニアリングCADデータ作成。