金型の現物を三次元計測|既存金型から更新した金型を作成するための3Dデータ取り

三次元計測3次元CAD

金型の現物を3次元計測、計測データから3D-CADモデリング

 

 金型のリバースエンジニアリング事例

 対象物・・・弁当箱の現物金型 雄型 雌型  2番型 更新型 使用している金型からのデータ取り

 依頼社のデータ利用目的・・・現物の金型から更新型作成用3D-CADデータ作成 元の木型が不明のため現物よりデータ作成

 

 三次元計測方法
 光学式非接触式スキャナー(ツインカメラ式高精度スキャナー)Solutionix社製 精度0.05mm 
 使用したソフトウェア
 RapidFormXOR3 リバースモデリングソフトウェア INUS Technology社製 3D-CADソフトウェア 
 データサービスの内容
 三次元計測データからCADモデリング IGES及びパラソリッドデータ、STEPデータ
現物・実物
三次元計測 
点群 
ポリゴン面 
CADモデリング
 CADデータ出力

 

 金型のリバースエンジニアリング

 更新型、2番型などの製作に、現物金型から3D-CAD作成することにより、状態の良い金型ができます。
 手修正してある金型、微調整してある金型の現物金型の3D-CAD化。
 従来、石膏で型データを保管していた方法から、金型を数値化することにより保管が容易になります。
 更新型・・・全く同じ型を消耗、磨耗したので作りなおすため、既製の金型からデータを作成してを更新した型。
 増面型・・・成型が間に合わないので2個取りを4個取りに増設するなどでインジェクションで多く使われるています。
 増し型・・・更新型と同様の理由から主にプレス型で使われるています。
 数値化された金型データは、データベースとしてストックでき、設計などに利用できます。
 3D-CAD化したCADデータは、共通フォーマットのIGES及びパラソリッドで出力できます。
 弁当箱の現物金型 3次元計測 弁当箱の金型用3D・CADデータ作成