緩衝材に関わる木型・金型の形状データを現物の三次元計測データから作成|製品の形状サイズに合わせた緩衝材

三次元計測梱包用型のCAD化

製品の現物を3次元計測、計測データから3D-CADモデリング

 

 リバースエンジニアリング事例

 対象物・・・電気機器の現物製品 製品の形状サイズに合わせた緩衝材専用 設計の金型によって押し込む

 依頼社のデータ利用目的・・・電気機器現物製品から梱包材金型用3D-CAD作成 成型機を使用し立体構造の緩衝材が形成

 

 

 

 梱包材

 梱包材は製品の輸送、保管、製品の価値と状態を保護するための材料。
 製品などに適切な梱包材にするため、現物形状の把握が必要になります。
 個装・・・製品の個々の包装 物品個別の包装 広い範囲を表す。    
 内装・・・包装貨物の内部の包装 物品に対する水、湿気、光、熱、衝撃などを考慮し適切な材料、容器などを物品に施する。
 外装・・・包装貨物の外部の包装、包装物品を箱、袋、たる、缶等容器に入れ、若しくは無容器で結束、記号、荷印などを施す。
 商用梱包・・・販売を目的としたもの、内容物の保護と購買意欲をそそるように、きれいに包装をほどこす。商品価値を高める。
 工業梱包・・・輸送を目的にしたもの、工業包装を梱包と言われています。木箱による包装 普通木箱〔密閉(板)密閉(合板)
 製品の現物 3次元計測 3D-CADモデリング リバースエンジニアリング 梱包材の型製作に利用