3次元CADモデリングについて

三次元計測3次元CADモデリング

3次元計測から3D・CADモデリング

 

 3次元CADモデリング

 ●CADモデリングは、3次元のCADソフトウェアを用いてのコンピュータでモデリングです。ものづくりの発展に欠くことのできないものです。

  今後日本の産業界の将来を左右するものであるであります。

 

 ●物体の形状を立体的(X、Y、Z)に描画することによって、複雑な形状や曲線などを、視覚的にわかりやすく表現することができる技術です。

 

 ●従来は手描きで行われていた図形描画をコンピュータで自動処理することで設計作業の時間を短縮する。CADで作成したデータはコピーが

  自在にできるので、図形の複製や流用などが容易である。自動車産業、産業機械、電子機器、など幅広い産業分野で利用されてきました。



 ●3次元CADは、製品の立体形状をわかりやすく表現できるだけではなく、実際の組み立て行程や、完成品の動作検証などができるため、

  工業製品の試作やプレゼンテーションの分野で、幅広く利用が拡大しています。

 

  【モデリングの例】

  2Dラインを作成  ⇒  ラインを引き出すと3Dモデルができます。

    


    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成