3次元CADのデータサービスでは送り手側CADと受入れ側CADとの相性の確認が必要になります。

三次元計測3次元CADの互換性

3D-CADデータの出力形式

 

 CADデータ交換時の相性問題

 CADとCADとの相性が合わず、データ交換でデータが破損破損するなどの問題が発生する場合があります。

 トラブルの原因は、①CAD特性 ②許容精度トレランス違い ③ファイル形式 ④ファイル保存詳細設定 ⑤ファイル転送条件等があります。

 

 IGES形式はANSI規格が設定した3次元データの共通標準フォーマットで一般的に使われていますが、寸法の表現方法や演算方法が各

 CAD ソフトウェアーでは独自の方言持っているため問題が多いです。

 

 送り手側システムでは正常に読み込みができても、受けて側システムでは面の隙間が発生、トリムした部分の面脱落などのトラブルは許容

 精度 トレランスの差により発生しているといわれている。送り手側よりも受けて側のトレランスの精度が高いと、面の境界を同一と見なせず、

 隙間が発 生しやすい。特にIGES形式ではトレミングの失敗が多くあります。

 

 リバースモデルのCADデータ交換トラブル防止対策

 1、トレランスをできる限り小さくしてモデリングする。

 2、出力形式をサーフェス系とソリッド系の2通りセットで提供します。

 

 SolidWorksへのデータ パラソリッド  X_B  X_T

 Catiaへのデータ   IGES  STEP  

 I-deasへのデータ  パラソリッド  X_B  X_T

 Unigraphicsへのデータ パラソリッド  X_B  X_T

 Rhinocerosへのデータ パラソリッド  X_B  X_T STEP

 Catiaへのデータ    パラソリッド  X_B  X_T

 ThinkDesignへのデータ   IGES

 Space-E Modelerへのデータ   IGES

 Pro ENGNEERへのデータ STEP (ProEの普段の絶対精度0.001を相対精度0.0012で受入をお願いしています)

 

 トラブルが発生した場合はCADモデリングのやり直をします。

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成