工業モデル、製品モデル、ワークモデル、モッアップモデル等の現物形状のCAD化

三次元計測3次元CAD

実際のアナログ物体を3次元計測とリバースモデリングで3Dデータ化

 

 アナログモデルからデイタルモデルへ

 ●既製品や旧製品から新製品を生産または再生産するために、リバースエンジニアリング技術が有効な手法です。 

 ●実物モデルをデジタル化することにより、コンピュータ内で、3Dのバーチャルが可能になり製品情報を共有・活用することができます。

 ●元のパーツや製造工具に対する3次元モデルの適合性と評価に有用になります。

 ●現物形状を3次元計測機で表面をデジタイジングから始まり、高密度な点群ソフトウェアにより幾何要素を抽出し、CAD化します。

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 デジタルモックアップ

 コンピュータを用いて製品の意匠面、内部構造などを設計し作成された3次元モデルのことをデジタルモックアップと言われています。

 従来のモックアップは実物大の模型を作っていましたが、3D-CAD,3D-CAMの導入により、コンピュータ内のシミュレーションでこれら

 の作業が行われるようになり、デジタル化が進んでいます。

 

 アナログとデジタル

 アナログは、連続量という量の概念から分類された情報。デジタルデータはONかOFFか(1か0か)の電気信号によって情報を処理させます。

 アナログ情報をコンピュータ処理するにはアナログ情報をデジタル情報に変換する必要があります。実物のアナログ情報を三次元計測により

 デジタル化することにより、業製品の設計・開発工程を支援するコンピュータシステムのCAEなどで利用できます。