三次元計測から採取した3Dの点群データ

三次元計測3D点群データ

点群は表面の素材の凹凸まで表現することも可能

 

 点群 ポイントデータ  座標点

 ●図形の形を保ったまま行う移動操作のうち、少なくとも1つの不動点を持つものをとするのことをいいます。 

 ●計測データは多くのノイズの点群が含まれています、リバースモデルを作成するには点群の整理を行います。

 ●ノイズを許容した点群から滑らかな曲面を作成するリバースエンジニアリング技術。

 ●単純な部分と複雑な部分が混在した形状を単一曲面で表現するためには,複雑な形状部ほど点群数が多くなります。

 ●現物モデル 3次元計測 点群 ポリゴンデータ 幾何要素抽出CADモデリング

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 <座標点 点群>

 点の位置を明確にするために与えられる数の組のことで、座標と座標系が与えられれば、点は一つに定まる関数の組であり、

 一つの空間に複数の座標系が重複して定義されているといわれています。

 

 座標系・・・CAD設計などに原点・座標軸など、座標をどう定めるかの基準を与えます。

 座標軸・・・座標を決めるための基準となる数直線,、直交座標のX軸Y軸。回転体やミラ反転などに必要とされる。

 座標平面・・・座標系の定められている平面。

 座標変換・・・一つの座標系で表された座標軸を、平行移動・回転移動して別の座標系に表し変えること。

 座標面・・・座標軸の定める平面。CAD設計においては作業面などがあります。