3次元計測データからリバースエンジニアリング

三次元計測三次元計測データからリバースモデリング

アナログ形状をリバースエンジニアリングでデジタル形状化

 

 3次元計測データからのCADモデリング リバースモデル

 ①3次元計測データから作成したポリゴン面の上にワイヤーフレームを作成、ワイヤフレームからサーフェス面の作成。 

 ②サーフェスで作成 引き出し、回転、ミラー、フレット、トリムなどのCADモデリング機能を使用してリバースモデルの作成。

 ③ソリッドで作成 加算、減算、積算などのブーリアン演算機能を利用して、ソリッドのリバースモデルの作成。

 ④3次元計測データとの精度をカラーマップで確認しながらベストフィットでモデリング。.

 ⑤出力データ形式 サーフェスモデル IGES形式   パラソリッド X_B X_C STEP

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 サーフェスとは

 ワイヤーフレームモデルに面の情報を付加した、表面形状のCADデータです。中身という概念がないため、自由度が高く複雑な形状

 の表現ができる。CG作成にもサーフェスモデルが使われます。面を貼り付けるため、影をつくることが出来ます。

    

 

 

 ソリッドとは

 中身をもつオブジェクト属性となります。、体積計算させたり、干渉チェックも出来ます。サーフェスと違い自由な曲面をつくることは難しい、

 曲面を作る場合は、サーフェスの曲面を利用して、ソリッド形状を作成します。