金型の実物を基に3次元データを作成、金型を3次元計測で計測、計測データから3D/CADデータを作成します。

三次元計測金型のリバースエンジニアリング

金型のリバースエンジニアリング

 

 金型のデジタル化

 ●手修正してある金型の再製作にリバースエンジニアリング技術が有用になります。 

 ●現物の金型を3次元計測で形状データを取得します。チューニングされた状態のベストの形状データができ上がります。

 ●2番型、予備型、などの金型再製作用のデータベースとして保存ができます。

 ●移動ができない金型は、機材持込で出張計測いたします。

 

    金型    ⇒    非接触3次元計測・接触式3次元計測点群   ポリゴンデータ リバースモデル  

 

 

 自動車部品などを作るプレスの金型は何度かのチューニングを経て量産体制に入ります。調整で研磨したり、溶接盛りした金型は 

 設計のデータと変わています。更新型、2番型を作成する場合は、現物からのリバースエンジニアリングデータが有効になります。

 

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成