手作りデザインモデルの3次元化、手修正した試作モデルのCAD化などのリバースモデルを作成します。

三次元計測工業モデルをCAD化

デザイナー、設計者のイメージモデルから3D・CAD作成

 

 工業モデルのデジタル化

 木型モデ、粘土モデル、切削試作モデル、板金試作モデル、光造形モデル、真空注型試作モデル、 簡易金型による射出成型試作モデル

 などの工業モデルをCAD化するリバースエンジニアリング技術。すでに形になっているものから、加工が可能なCADデータ作成ができます。

 手づくり作成した試作モデルを元にして量産品や量産用の金型など作るための手法です。 職人の技がコンピュターの中に取り込むことがで

 きます、職人の技とデジタル技術の融合が可能になります。

 

   工業モデル ⇒  非接触3次元計測・接触式3次元計測  ⇒ 点群   ポリゴンデータ   ⇒  リバースモデル  

 

 

 

 工業デザインモデルは市場の動向をつかみ、先を見据えたセンスとインパクトのあるデザインが必要とされます。

 製品の今後を決める非常に重要なモデル、その要求に応えられる高度な技術が必要になります。

 デザインモデル製作のプロセスとして発泡スチロールや石膏、木型、樹脂などで製品モデルを製作。クレイモデルを使用した、

 1/4、1/2、1/1のスケールモデルがあります。インダストリアルデザインによりデザインの評価と検証がされています。

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 

 <前のページに戻る>