製品解析用の三次元計測データ|現物データ化してを仮想的にコンピュータソフトウェア上で解析できます。

三次元計測解析用のリバースモデル作成

モノづくり現場でのさらなる生産向上と品質向上に貢献します。

 解析用形状データ作成 (製品 完成品 試作品 金型)  

 ●出来上がった製品をそのままCAD化します。CAD化したリバースモデルと元のCADデータとの偏差を調べることができます。 

 ●出来上がった製品と、CADデータとの比較照合、CADデータとの誤差量をカラーマッピングで製品面の仕上がり状態を確認できます。

 ●現物の製品をそのままCAD化します。CAD化したリバースモデルで、構造解析、流動解析などの製品解析に利用できます。

 ●現状のプレス成型品を3D計測することにより、正規データとの誤差を解析し、そり・歪みなどのスプリングバック見込みが可能になります。

 ●コンピュータによるバーチャルな環境で設計支援を行なうことができます。

 ●三次元計測データが三次元CADにフィードバックされる開発初期段階から製品設計の基礎データとして製造現場の全プロセスに反映。

 

      製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 

 製品構造解析・・・ 製品の材質や形状、組み合わせ方などを調べ、それに対して想定される負荷をかけたときに変形や破損、または倒壊

 しない かを調べます。製品を仮想的にコンピュータソフトウェア上で作成し、ソフトウェア上で外的な力を加えることで、製品にどのような

 変形や応力が発生するかを算出します。動いている物体を衝突させた場合の変形や応力の発生度合いなどをを算出されます。

 

 CAE解析・・CAE とはComputer Aided Engineering のそれぞれの頭文字を取った略称で、コン ピュータの援用による工学、あるいは設計

 開発に利用されます。 力、熱、振動、磁場など、いろいろな物理現象をコンピュータ上で製品モデルに仮想的 に作用させ、あたかも実際に

 起こったかのように結果を出すことができます。製品のトラブル回避のため多くの企業で導入されています。

 

 有限要素解析(FEA)・・・製品やシステムの構造または性能における潜在的な問題や既知の問題を特定して解決することを目的に、バーチ

 ャル な環境で実行されるモデリング手法のひとつです。問題を数学的にモデリングして、数値で解析する場合に使用されています。設計の

 形状を作っている節点の集合からなります。これらのノードに有限要素が結合して、モデルの材質や構造上のプロパティを含んだ有限要素

 メッシュが作成され、特定の条件に対する反応が定義されます。航空、自動車の業界等で多く導入されています。

 

 製品の実物形状を三次元計測で3D-CAD化 現物形状のCADデータから、製品解析、CAF解析、インスペクション等ができます。

 

 

 <前のページに戻る>