著作者の彫刻や美術工芸物のレプリカ用データを、現物の三次元計測から作成

三次元計測美術・工芸のデジタル化

美術工芸のスケールモデル、自然物などのオブジェ用データ作成

 

 美術、工芸、キャラクター、フィギア  スケールモデルオブジェ、レプリカなどの三次元CADデータ作成

 

 スケールモデルとは

 対象となるワーク形状を、スケール、縮尺 に基づいて忠実に再現 した模型のことをいいます。三次元CAD化、オブジェなどの建造物を製作

 する場合スケールモデルから作成する方法が有用です。

 

 デザイナーが製作したスケールモデルを三次元計測で計測し、製作するサイズに拡大させて三次元CADを作成します。作成した三次元

 CADデータを輪切りして、断面ラインを抽出、抽出したラインから、建設業者さんが型枠作成、オブジェ、レプリカなどの建造物を製作がで

 きます。

 

 青森県立美術館に美術館のシンボルにもなっている、あおもり犬の彫刻オブジェはこの方法で作成されました。

 

 オブジェとは 物体の対象物などの意味、美術、自然物、日用品などを使用してつくられた作品をいいます。 

 

 レプリカとは オリジナルの製作者自身によって作られた複製品をいいます。博物館の展示用などの歴史学的な目的のために製作。

 

  彫刻作品   非接触3次元計測・接触式3次元計測  ⇒  点群   ポリゴンデータ  ⇒  彫刻のリバスモデル