半導体のイメージセンサのCCDカメラ2台で対象物の3次元形状を収録、受光したデータから3次元データを作成します。

三次元計測CCDカメラで三次元計測

対象物のワークそのままの姿形データをコンピューに取り込み

 

  CCDカメラ

 ●光学式計測には、半導体製造技術を用いて集積回路化された半導体のイメージセンサのCCDを搭載されたカメラを使用します。

 ●光をレンズで撮像素子の受光平面に結像され、光による明暗を電荷の量に光電変換し、順次読み出して電気信号に変換します。

 ●対象物の形状によって変形するフリンジのパターンをCCDカメラで撮影し処理します。

 ●2台のCCDカメラが対象物の三次元位置を、三角測量の原理により専用プログラムが計算します。

 ●フリンジパターンのフェズシート法、測定対象空間の空間コード法、左右ツインカメラのステレオ法などの原理で三次元データを収集します。

    イメージセンサCCD            ツインカメラ                点群取得            ソフトウェアで3DCAD化