2DCADは製図設計の基本、CADはコンピュータ援用設計ともいわれています。

三次元計測3次元CAD

2DCADはコンピュータ内で紙面の上に図面を描く感覚で作図します

2DCAD 二次元CAD

一方向または両方向へ無限に伸びる線分の構築線を使用して作図。

製品や部品の形状をXYの平面で表現し設計。

製品や部品の形状の断面などを描き立体形状を表現。

製品や部品の形状の立体形状はX方向、Y方向、断面、アイソメ、投影、三角法などで立体を想像して設計。

寸法、補助線等、線種によってレイヤーを分て図面の編集を行ないます。

 

2Dはプラント設計図、上下水道敷設図、ガス・電気敷設図、地形図などの設計に多く利用します。

 

 

X軸、Y軸、Z軸の3軸になると3Dになります。

   

 


<前のページへ戻る>