ワイヤーフレームは、立体図形の輪郭を表す線のみで表現する手法。3次元コンピュータグラフィックスの描画を竹ひご細工のような線形状のみで表現します。

三次元計測3次元CAD

三次元グラフィツクはコンピュータ内で立体的に描画

 

 ワイヤーフレーム 三次元CAD

 ●立体の3次元の存在をコンピュータの画面に投影して描画する、コンピュータグラフィックスにおけるレタリング手法の一つ。

 ●3次元座標の複数のポイントの点を一定の順序で結び立体画像を描画します。

 ●立方体などは辺のみを描画し、曲面などは網目状の線で表現、立体図形を、その輪郭を表す線で表現する手法。

 ●立体図形を、その輪郭を表す線のみで表現するため、情報量が少なく、高速に描画できるなどの利点があります。

 ●立体図形を、その輪郭を表す線のみで表現するため、サーフェス、ポリゴンのような美しいコンピュータグラフィックの作成はできません。

 

 ワイヤーフレームは針金細工作成した構造でなりたっている、3次元空間中の線の集まりです。

   

 

 

 

    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 


 <前のページへ戻る>