3DCADのトリムは。面と面の延長からなる交差する交点でトリム(切り取り)します。トリムした角で、稜線出し、角だし、面取りなどのCAD作業を行ないます。

三次元計測3次元CAD

CADでは、切り取り、仕上げなどのトリム作業で形を整えます。

 

 トリム 三次元CAD

 ●一部を切り取ること、CAD分野ではよく使う作業です。

 ●ある図形を境界として必要の無い部分を切り取り、形を整えて、モデリングします。

 ●ラインのトリム、線分によって定義された切り取りエッジで、不揃いのオブジェクトをエッジに合わせて収まるように端点を正確にカットします。

 ●面のトリム、境界となるオブジェクトに接するまで面を延長、境界となるオブジェクトに対して交差するオブジェクトを交点で切断・削除します。


 リバースモデルのトリム作業 

 ①三次元計測で対象物をデータ化します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータにラインを引きワイヤーフレーム、スプライン曲線、ベジュ曲線、ポリラインなどを作成します。

 ⑤ポリゴン上に描かれたラインに紙を貼るように面を貼ります。

 ⑥計測データからできた面の端は不揃いのため、面と面を延長し交差する交点でトリムして端を整えます。

 ⑦トリム作業で稜線出した面に、フレットなどのCAD編集作業で端面を整えます

 ⑧一連の作業で作成したリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑨リバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 

 サーフェスの延長、稜線出し、カット、トリム、フレットなどのCAD編集作業により形を整えます。

    

 

 

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 


<前のページへ戻る>