ソリッドは中身が詰まった立体として表現します。平面に描いた立体を押出したり、削ッたりすることで立体を作りあげます。

三次元計測3次元CAD

立体に中身があるため、体積や重量、干渉チェック等に利用可能です

 

 CADのソリッドモデルを作成するには

 ●ソリッドモデル作成には、材料の切り取り、荒落とし、荒削りをするなどの、木彫刻のイメージで、細部まで仕上げて行きます。

 ●基本となる形のフィーチャーで作成した形状を積み上げ、結合、盛り上げ、削る、変化させるなどの作業でモデリングします。

 ●ソリッドのモデリング方式は、実際に物を加工するように造形します。

 ●ソリッドのモデリング方式は、幾何学的概念で削り、盛り上げることが基礎となっています。

 

 ソリッドのリバースモデル作成プロセス 

 ①三次元計測で対象物をデータ化します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥サーフェス面を密封してソリッドデータに移行する方法もあります

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 

 サーフェスの延長、稜線出し、カット、トリム、フレットなどのCAD編集作業により形を整え、サーフェス面を密封してソリッドにします。

    

 

 

     製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 

 


<前のページへ戻る>