CADでのフィーチャーとは、形状の特徴となる、リブやボス、ボアといったさまざまな種類の形状を、あらかじめ決めておいて定義することをいいます。

三次元計測3次元CAD

基本的なフィーチャーを利用して作成する事を、フィーチャーベースモデリングといいます。

 

 フィーチャー CADモデルリング

 ●多く使用される形状に対してあらかじめ決めておいた操作手順、またはその手順によって作成したモデルのことを指します。

 ●基本的なフィーチャとしては,フィレット、丸み付け、薄肉化、面取り、穴、ボス、ボア、リブなどがあります。

 ●3次元モデルの多くは、最終形状は複数のフィーチャで構成されることになります。

 ●動作条件を与えるための情報をパラメータ化して定義された部分であれば,容易に形状変更ができます。

 ●パラメータとして定義して、作成したフィーチャの順番を履歴のヒストリとして蓄積できます。

 ●便利な機能の反面、形状が複雑で、トリム、フィレットなどの幾何形状のデータ変換は、異なるCAD間でのトラブルが発生しやすい。

 

 リバースモデルでのフィーチャー 

 ①三次元計測で対象物をデータ化します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥ソリッドモデルからィーチャーベースモデリングします。

 ⑥サーフェスモデルは密封作業でソリッドデータに変換して、ィーチャーベースモデリングします。

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 

 操作手順を、特定の形状に対してあらかじめ決めて、その手順によって作成します。

   

 

        製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成  

 

 


 <前のページへ戻る>