フィレットはフィーチャの1つで3Dモデルの角を丸めた形状のことです。 ソリッドモデルサーフェスモデルの角に対して指定した半径の球を転がしてできる形状をいいます。

三次元計測3次元CAD

複数の面又は曲面の接続を滑らかにするために挿入される曲面

 

 フィレット   CADモデルリング

 ●フィレットとは,ある形状の角を丸める操作の事です。

 ●製品や部品の尖った角で怪我をしないように、角を丸めることが必要になります。手で触っても怪我をしないようにフィレットで角を丸めるます。

 ●面と面の接続を滑らかにしたり、デザイン的にフィレットをつけることもあります。

 ●丸めたい角に、円または球の半径を指定することで,生成させるフィレットの大きさを変える事ができます。

 ●面取りフィレットは、交差するオブジェクトを繋ぎ合わせるコマンドで、一本目、二本目に自由な距離を指定して角を丸めて連結します。

 ●徐変フィレットは、滑らかな形状を作るときに使います。丸みの半径を徐々に変えて、丸みを変化させていくフィレットをいいます。

 ●3次元CADでのモデリングをする上で、 工数を掛ける比率が高いものがフィレット作成になります。

 

 可変フィレットなどの連続した複合曲面は、エクスポート/インポートでうまく渡らない場合があります。互換性の問題が発生した場合のデータ

 受け渡しには、フィレットは表現せずにピン角でモデルを作成、共通ファイル形式で渡し、それを読み込んだ方のCADでフィレット処理をした方

 が時間的に早い場合があります。

 

 リバースモデルでのフィレット 

 ①三次元計測で対象物をデータ化します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥ソリッドモデルからィーチャーベースモデリングします。 

 ⑥サーフェスモデルは密封作業でソリッドデータに変換して、ィーチャーベースモデリングします。

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 

 点群データからの面データの作成は、曲面関数へのフィッティングにより行われるため、フィレット部分の円弧はなく、細かい線のつながりの

 自由曲線になっています、そのため面と面を延長して重なる接点で稜線を抽出、フィチャー機能でフィレットを作成します。

 

         

 


<前のページへ戻る>