三次元計測の前準備として対象物に位置座標を決めるためのマーカーのシールを貼ります。

三次元計測リファレンスポイント

リアルタイムで取得したデータを3D形状に合成

 マーキング  

 ●対象物の形状や大きさなどの要因で、分割して三次元計測を行ないます。

 ●分割した三次元計測データを合成するためにリファレンスポイントのシールを貼ります。

 ●対象物上またはその周辺に貼られたリファレンスポイントをコンピュータがユニークな存在として認識します。

 ●計測したエリアーの重なり合う最低3個以上の共通リファレンスポイントで合成します。

 

 

 三次元計測からリバースモデルの作成 

 ①三次元計測で対象物を、各方向から計測します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥ソリッドモデルからィーチャーベースモデリングします。

 ⑥サーフェスモデルは密封作業でソリッドデータに変換して、ィーチャーベースモデリングします。

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。 

 

 

    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成