高精度を保つため、1ショットの範囲をできるだけ狭くして、最適なカメラアングルで計測します。

三次元計測分割三次元計測方法

数ショットで計測した形状データを3DCADに合成

 

 分割計測  

 ●大きな測定物は測定領域を分割して多数三次元計測を行ないます。

 ●分割計測したデータを効率良く統合、高精度なフォトグラメトリ(デジタル写真測量)技術を活用して3D化します。

 ●特徴的な形状がない計測物でも対象物上またはその周辺に貼られたリファレンスポイントをコンピュータが認識して高精度で合成します。

 ●デジタルカメラの複数の画像からポイントとカメラのポジジョンの三次元位置を割り出し三次元座標をコンピュータが計算します。

 

 

 三次元計測からリバースモデルの作成 

 ①三次元計測で対象物を、各方向から計測します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥ソリッドモデルからィーチャーベースモデリングします。

 ⑥サーフェスモデルは密封作業でソリッドデータに変換して、ィーチャーベースモデリングします。

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 

    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成