光造形 システム装置で造形するポリゴンデータを、現物の三次元計測から作成します。

三次元計測光造形用のポリゴンデータ

紫外線レー ザ光で感光性樹脂面に描画し樹脂を硬化させる造形

 

 光造形  

 ●現物の三次元計測から作成したポリゴンデータを光造形で利用できます。

 ●設計の確認を行うための部品の組付けや、孔合わせのチッェクに利用。

 ●機構や風洞実 験などの機能的な検討に利用。

 

 <鋳造分野> 現物からの鋳造用真空注型のマスターモデルのポリゴンデータを利用

 < 医療分野> 現物からのモデル作成や人工骨用マスターモデル義歯用の頸骨モデルとして利用されています。

 <土木・建築分野> 地形や建物のモデルを作成し、景観の確認、ビル風などのシミュレーション用の造形物

 

 

 

 三次元計測からリバースモデルの作成 

 ①三次元計測で対象物を、各方向から計測します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができます。

 製品開発において用いられる試作 手法である。

 

    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成