CAD設計で変更、編集できる履歴管理のリバースモデル、三次元CADの基本機能でモデリングします。

三次元計測CAD設計用データ作成

計測データと作成したCADデータとの誤差をカラーマップで確認

 

 三次元CADモデル  

 現物の三次元計測データのポリゴンモデルから幾何形状を抽出、履歴管理のCADモデリングのため、CAD設計での変更などができます。

 <幾何形状> 幾何形状を抽出し、カラマップで色分けしてモデリングします。

 <フィット> 色分けした自由曲面にフィットする面をコンピュータが見つけて、フィット面を作成します。

 <断面の抽出> 断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。 

 <カット> 形状の投影線、外郭線で形状を押し出し自由曲面にフィットするサーフェスでカットし探面などを整えます。

 <モデリング>抽出した断面や特徴線を利用して回転、押し出し、ロフトなどの三次元CADの基本機能でCADモデリングします。

 <ブーリアン演算> 抽出した断面や特徴線をパターンニングでコピーし、押し出し、回転、引き抜きなどでCADモデリングします。

 <フィレット> ブーリアン演算でマージし、フィレットでつなぎます。履歴管理で後からのフィレット値変更が可能りなります。 

 

  三次元計測からCADモデリング

 

 

 三次元計測からのインスペクション 

 ①三次元計測で対象物を、各方向から計測します。

 ②三次元計測データのポイントデータの編集を得て、点群の立体データになります。

 ③点群データからポリゴン面を作成、この段階で光造形などの加工ができますが、一般的なCADでは使用できない場合が多いです。

 ④ポリゴンデータから断面ラインなどのラインを抽出します。

 ⑤抽出したラインやスケッチで描いたラインを、回転する、引き出す、押出するなどのコマンドで造形して行きます。

 ⑥ソリッドモデルからィーチャーベースモデリングします。

 ⑥サーフェスモデルは密封作業でソリッドデータに変換して、ィーチャーベースモデリングします。

 ⑦一連の作業で作成したソリッドのリバースモデルは、従来のCADモデリングに近いデータになります。

 ⑧ソリッドのリバースモデルデータは、各メーカのCAD/CAMに対応でき、NC、MCなどの機械加が可能なデータです。

 ⑨完成したデータは、サーフェス系のIGES及びソリッド系のパラソリッドでデータ出力します。

 ⑩履歴管理のCADモデリングのため、CAD設計での変更などができます。