幾何学的形状の三次元計測、幾何偏差の評価およびデータ採集、形状によりピッチ及びステップの数値をきめます。

三次元計測接触式三次元計測のピッチ

三次元計測は、縦方向、横方向、高さ方向の三次元で計測

 

 接触式の三次元計測の基準点

 ●X軸に平行、Y軸に平行、放射状などのグリットタイプがあります。

 ●三次元計測のスキャン間隔、スキャン方向の間隔のピッチ及びステップを定義します。

 ●ピッチ及びステップの間隔を密にすれば高精度のデータ取得が可能です。

 ●高精度にすればするほど、データ量が増大し、コンピュータの能力以上になる場合があります。

 

 三次元計測で複雑な形状を正確に採取するには、測定子プロ^ブの先端ボールをできる限り小さいものを使用します。プローブの選択、

 ピッチ及びステップの数値は、対象物の形状により判断します。

 

 接触式三次元計測システム

 ●反射形リニヤエンコーダ、エアーベアリング駆動方式、アナログスキャニングプローグ測定子。 

 ●精度50μ以内  20℃室内で英国工業規格の基準ボールφ50㎜の球をスキャニングした、実際の球との誤差

 ●最小表示量0.005㎜、微細形状のデジタイジングが可能です。

 ●スキャニング速度最大4m/min データ収集速度140点/sec NC加工データの生成が可能です。

 ●リバースモデルの専用ソフトウェア-にてリバースエンジニアリングのモデルデータの作成ができます

 

 レニショーサイクロン  スタイラスで計測      プローグ接触       CAD/CAD