航空宇宙機器部品の現物を三次元計測、計測データから三次元CADデータを作成します。CAD/CAMでの製品作り、CAEでの解析等に利用できます。

三次元計測3次元CAD

チタン合金、アルミ合金などの、航空宇宙機器部品の3DCAD化

航空部品の現物品からリバースモデル作成

航空部品の現物を非接触光学式スキャナを利用して三次元計測します。 

航空部品に触れることなく表面状態と形状を点群データで高精度に3次元デジタルデータ化します。

360度の方向から非接触光学式スキャナで点群データ採取、を独自の効率的手順を利用し正確に位置合わせします。

ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします

ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

非接触光学式スキャナで採取した3Dスキャンデータからパラメータ化された3D-CADモデリングを作成します。

設計者のデザイン意図をキャプチャーしながらリバースエンジニアリング作業を行い適切なデータを出力します。

   

航空部品   非接触3次元計測・接触式3次元計測  点群  ポリゴンデータ  3D合成  航空部品リバースモデル  

 

 

航空宇宙機器部品につて

航空機の部品は特殊工程で製作した、多彩な複合素材加工製造に特化した高精度な部品です。

鉄よりも強く、アルミよりも軽い炭素繊維は、高い電気伝導率、優れた耐磨耗性、X線透過性などさまざまな特徴があります。

先進複合材料であるCFRP炭素繊維強化プラスチック、樹脂と組み合わせた複合材料などがあります。

胴体構造部材は、アルミニウム、ステンレス、チタニウムなど、航空・宇宙機器に用いられる様々な特殊金属がつかわれます。

航空機部品材料のアルミ合金 およびチタン難削材などがあります。

航空機治具、航空宇宙機器部品、胴体構造部材、室内内装パネル、超精密部品など、伝統技術と近代技術融合の航空部品。

航空部品のリバースモデルは、風洞試験、騒音試験、流体解析 試験・解析などに利用されています。

 

アルミ合金部品  チタン合金部品  タービン部品 航空宇宙機器部品   航空部品     航空部品     航空機治具     

 


 <前のページへ戻る>