電化製品、携帯電話、通信機器などの商品開発の際のデザインモデルを三次元計測からCAD化します。

三次元計測3次元CAD

使い方、スタイル、などコンセプトを形にした工業モデルの、CAD化

ゲーム機器のレバーの例

ゲーム機器のレバーのクレイデザインモデルから3D-CADデータ作成

ゲーム機器のレバーの三次元計測でアナログからデジタルデータへ

採集した現物形状のデジタルデータから三次元CADデータを作成

三次元CADデータから光造形、造形プリンターなどで、試作業者さんが試作モデルを作成

試作モデルにデザイナーさんが手修正などの行いデザインモデルを完成

手修正で完成したデザインモデルを三次元計測からCADモデリング

CAD製品モデルを、共通フォマットの、IGES及びパラソリッドでデータ出力

 

クレイモデルの実物モデルの形状を非接触光学式3次元スキャナーを用いて3D-CAD化しコンピュータ上に再現してデザイン設計に

活用できます。得られた点群データからCADをから自由曲線、自由曲面を作成し三次元造形機を用いて試作等が可能になります。

   

デザインモデル  非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群   ポリゴンデータ   3D合成  ⇒ リバースモデル  

 

 

デザインモデル

三次元CADが普及してCADで製品モデルのデータを作りあげるのが一般的になりました。

デジタル化の流れの中で、アンログ的に実物の物にしなけらば検証できない製品も多数あります。

手に持った感じ、使い勝手、美と機能性の追及などには、デザインモデルが必要になります。

電化製品など、製品として市場に出回る前に作成するデザインモデルは、製品の今後を決める重要な工業モデルです。

 


 <前のページへ戻る>