CAEを用いた電子機器設計および 電子機器小型化・高性能化に伴う内部配線の省スペース等の検証用、形状データを、現物の三次元計敷測から作成します。

三次元計測3次元CAD

電機機器の検証用CADデータを実物より作成します。

電子機器部品の現物形状からリバースモデル作成

電子機器部品の現物を非接触光学式スキャナで高精度な3次元座標を精密に計測します。 

電子機器部品測定対処物に触れることなく表面状態と形状をポリゴンメッシュとし忠実に表現し3次元化します。

光学式3次元スキャナーは部品のサイズ、表面状態、表面形状等による影響を受けることなく、さまざまなを採取できます。

ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします

ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

非接触光学式スキャナーはブルーライトLEDを採用しているプロジェクションは周囲の環境光の影響をを受けることなく、正確な3次元
データを採取できます。困難な3次元計測要求に対応できます。作成された全ての3D-CADモデルデータはパラメータ化されます。

   

電子機器部品  非接触3次元計測・接触式3次元計測    点群   ポリゴンデータ  3D合成電子機器部品のリバースモデル  

 

 

電子機器部品

電気・電子機器の高性能化には、プラスチックの性能向上に負うところが非常に大きいとされています。

能動部品には、熱硬化性プラスチックが用いられることが多いようです。

受動部品では、コンデンサーはPET、ポリプロピレン、ポリカーボネート(PC)などのフィルムが用いることが多いようです。

機構部品には、コネクター、ソケット、端子台、リレー、スイッチ等は、PBT、PC、ナイロン(Ny)、M-PPEなどがよく用いられます。

表示装置関連部品としては、フラットパネルディスプレイ (FPD)など表示装置には多種類のプラスチック材料が役割ごとに使用されています。

液晶ディスプレイ関連では、各種光学フィルムを使用します。偏光フィルム用のポリビニルアルコールフィルムなどがあります。

電子機器部品は深絞り技術やプラスチックの成形技術が欠かせない

 

電子機器部品は、コンピュータ、携帯電話、洗濯機、各種の製造装置、航空機、輸送機、自動機器など電子機器が活躍しています。

自動化装置に欠かせないのが制御盤です。動作制御、熱制御、速度制御などさまざま制御盤があります。

医療機器部品は、CT、MRI、超音波診断装置、核医学装置、骨密度測定装置など電子機器が活躍しています。

 

 


 <前のページへ戻る>