自動電装部品の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

自動電装部品のモデルや完成製品の実物形状をCAD化

自動車電装部品の現物形状からリバースモデル作成

自動電装部品の現物を非接触光学式スキャナで複雑で微細な対象物を細かく精密に3次元計します。 

自動電装部品測定対処物に触れることなく高精度に3次元デジタルデータ化し、パラメータ化されたCADデータ作成。

青色LEDとCDプロジェクターにより環境光の影響を大幅に減少させて自動電装部品の繊細な精度ある3次元計測を実現。

ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データ

ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

自動車部品など様々の業界において、デザインから製品試作検査とあらゆる製品開発用途で数多く利用されております。研究、開発

の工数削減、試作品の品質向上、製造時間の短縮、技術的問題に対する根本的な原因解析の確立、コストの削減等に貢献いたします。

   

自動車部品非接触光学式3次元計測 点群  ポリゴンデータ  3D合成自動車部品 のリバースモデル  


 

 

電装部品

自動電装部品とは、主にインパネ周辺の各機器のスイッチ部内部の電源関連のウェハーなどを電装部品いわれています。

部品設計の段階で多くの安全確保のための配慮をされています。

人命の安全に関わる製品群が多いだけに、保安部品として非常に厳しい品質管理体制のもとで製造されております。

形状は大変複雑で、付加価値の高い商品を優れたコストパフォーマンスを部品業界は実現しています。

自動車は、バッテリー、オルタネーター、ディストリビューター、カーオーディオにカーエアコン、コントローラ、センサ、

スイッチ、リレー、 パワーウィンドウスイッチシステム、キーレスエントリシステムなどの電装部品によって動いています。

電気自動車(EV)に用いられる電装システム、レーダーセンサ、EU市場で大衆車や小型車への搭載を目的としたレーザーレーダー
システム の搭載が進められており、より多くの新しい技術要素が求められる。

 

 

 

<前のページへ戻る>