警報機器部品の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

ケースと機構部品の三次元計測からCADデータ作成します。

警報機部品の現物形状からリバースモデル作成

警報機部品の現物を非接触光学式スキャナで複雑で微細な対象物を細かく精密に3次元計します。 

警報機部品測定対処物に触れることなく高精度に3次元デジタルデータ化し、パラメータ化されたCADデータ作成します。

青色LEDとCDプロジェクターにより環境光の影響を大幅に減少させて警報機部品の繊細な精度ある3次元計測を実現します。

ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします

ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

警報機部品など様々の業界において、デザインから製品試作検査とあらゆる製品開発用途で数多く利用されております。研究、開発

の工数削減、試作品の品質向上、製造時間の短縮、技術的問題に対する根本的な原因解析の確立、コストの削減等に貢献いたします。 

 

   

警報機部品非接触3次元計測・接触式3次元計測    点群  ⇒  ポリゴンデータ  3D合成警報機部品のリバースモデル  

 

 

 

 

警報機

警報機のサイレンは、回転子モータの中で、軸を持って回転して空気圧で音を発する装置と電子を利用したサイレンがあります。

空気圧式サイレンは、等間隔に穴をあけた円盤を回転しながら、穴に向かって空気が息を吹き付けて音が発生します。

回転数を上げるに連れ音程は上がり、波形はサイン波に近づいていきます。

空気を送り込量と回転数と周波数が一致すると音が発生する

電子式警報機は、アラームのコンポーネント、バックアップ電池、変圧、サイレン、スピーカー、ストロボライト、ダイヤラ、感知器の筐体、

 容器の構造, ・感知器ベ-スの構造などから音を発する装置になっています。

火災警報器、火災報知器、非常通報装置、盗難警報装置、防犯アラーム、医療アラームなどの警報機があります。

消防車は、電子サイレンアンプの故障に備えて、直流モーターで鳴らすモーターサイレンも必ず搭載しています

 


 <前のページへ戻る>