撹拌機の羽根の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

翼の実物を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 撹拌機用羽根について

 ●撹拌機は撹拌対象物や撹拌目的により羽根の形状がちがいます。

 ●薬液など各種液体の希釈や混合に。溶解や沈降防止などで使用。

 ●撹拌機は一般的に撹拌対象物や撹拌目的により、回転数域・羽根形状が定められます。

 ●固体粒子 スラリーの沈降防止・混合目的。粒子径・比重・濃度・母液の液粘度により、最適な羽根径、回転数がきまります。

 ●ピッチドパドル形 羽根板に傾斜角度を持つインペラで低速回転で使用します。 中・高粘度液に使用します。

 ●ピッチドタービン形 吸収速度が. 速い気体、または気体の供給量が少ない 。強力なせん断効、個体の溶解、スラリーの分散などに効果。

 ●アンカー翼、錨形、馬蹄形 高粘性液や非ニュートン流体液の撹拌、混合などに、錨形状のアンカーは高粘度、高濃度スラリー用。

 ●リボン翼形 螺旋に巻いた帯状のブレードでシャフトより離れて槽内壁に沿った形状。液を練り込み撹拌でき、高粘度に非常に有効。

 ●3枚プロペラ 船舶用プロペラと同等に高吐出、低剪断形。旋回成分を含んだ高速軸流は伴流を起こして槽内に大きな循環流を作りだします。

 

  ピッチドバトル   ピッチドタービン   アンカー翼     リボン翼形     3枚プロペラ    湾曲パドル    バトル翼

 

 

 撹拌翼の現物形状からリバースモデル作成

 ①撹拌翼の現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 リバースモデルの面について

 ●コンピュータで計算しての自動面は、形状そのままが再現できるため製品の形状評価に適していますが後工程での面修正はできません。

 ●CADモデリング方式のリバースモデル面は、履歴管理のCADモデリングのため、フィレットなどの、数値変更ができます。

   

   撹拌翼   非接触3次元計測・接触式3次元計測  点群 ⇒   ポリゴンデータ  3D合成 撹拌翼のリバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>