スクリューの製作には、経験に基づき実験的に確認して、決定されることが多いといわれています。そのため現物からCADデータ作成が役立ちます。

三次元計測3次元CAD

スクリューを三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 スクリューについて

 ●スクリューは押出成形機、射出成形機、工作機械、などで使用します

 ●流体の流れと回転とを相互変換する装置、流体中で回転することで回転軸方向に流体の流れを生みます。

 ●発電所は、水蒸気を大きな羽根車に吹きつけ、羽を回転させ、その回転力でスクリューを回し発電します。

 ●押出機は、押出量、樹脂温度、押出物の均一性、消費電力、押出安定性などの性能は、スクリュー理論に基づいて設計されています。

 ●精密機械は、ねじのらせん構造を利用してものを移動させます、正確な位置決めを可能にする転がり接触式のボールねじがあります。

 ●工場設備では、飼肥料の搬送から水産関係、食品加工など水分を含むものまで幅広く使用されているスクリューコンベアー。

 ●スクリーンによる固液分離、スクリューによる圧搾、固形物が圧搾脱水ゾーンに搬送するスクリュープレスなどスクリュの役目は重要です。

 

   

 

 スクリューの現物形状からリバースモデル作成

 ①スクリューの現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 リバースモデルの面について

 ●コンピュータで計算しての自動面は、形状そのままが再現できるため製品の形状評価に適していますが後工程での面修正はできません。

 ●CADモデリング方式のリバースモデル面は、履歴管理のCADモデリングのため、フィレットなどの、数値変更ができます。

   

  スクリュー   非接触3次元計測・接触式3次元計測  点群 ⇒   ポリゴンデータ   3D合成 ⇒スクリューのリバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>