産業機械部品の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

産業機械部品を三次元計測、計測データから3DCADを作成します。

 

 産業機械について

 ●建設機械、農業機械、工作機械、木工機械など、工場や事業所の産業現場において使われている機械のことをいいます。

 ●生活に必要な諸財貨を生産するための恒常的な活動する産業界に役立つ機械。

 ●農業,鉱業,工業など有形の物財の生産のほか,運輸,商業,金融などの不可欠なサービスの供給する設備。

 ●工場や事業所において使われている機械全般のことを指しています。

 ●人にとって苦痛、困難、不可能な作業を補助、代行する建設機械・繊維機械・鉱山機械・運搬機械。

 

日本産業機械工業会の定義では、鉱山機械、化学機械、環境装置、動力伝導装置、タンク、業務用洗濯機、ボイラ・原動機、

プラスチック機械、 風水力機械、運搬機械、製鉄機械等のこと定義しています。

 

 産業機械部品の現物形状からリバースモデル作成

 ①産業機械部品の現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせ。

 ④ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成、個別のポリゴンデータを合成し最適な3Dデータ化。

 ⑤ポリゴンデータの断面を円弧や直線等幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用しCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-で三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 産業機械は、特殊な部品が多く使われています。大量生産で作成する規格部品と違い、機械のみ使用する部品のため、部品が破損

 した時の補充部品に困ることがあります。部品作成の段階で手修正した部品は設計図から変わっています。そのため再製作用特殊

 部品をスキャニングしてデータを保管することが大変有意義になります。

   

 産業機械部品  非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ⇒ポリゴンデータ 3D合成産業機械部品リバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>