ギアの実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

歯車の実物を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 歯車について

 ●ギアは、種類、噛み合わせにより、動力からの回転を操作します。

 ●自動車はエンジンからの出力をミッションギアによって回転を操作しています。

 ●平歯車 歯を回転軸に平行に切った歯車、円筒面上に歯筋が軸と平行になっています。

 ●はすば歯車 平歯車を少しずつずらして組み合わせたも、歯が傾斜しているため回転軸方向に延長すると螺旋になっている。

 ●やまば歯車 はすば歯車を2つ組み合わせた形をしている。スラストが発生の問題を逆向きにして自動で打ち消しあう構造。

 ●内歯車 平歯車とみあ、円筒のに歯が作られている歯車。遊星歯車装置ギヤカップリングなどに使われています。

 ●ラック 歯を直線状に配置した歯車、直線歯車ともいいます。工作機械の位置送りや自動車のステアリング装置などに使用。

 

  平歯車(spur gear) はすば歯車(helical gear ) やまば歯車  内歯車      ラックギア

 

 

 ギアの現物形状からリバースモデル作成

 ①ギアの現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成、個別のポリゴンデータ合成最適な三次元データ化。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえ抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

   

 ギア  非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ⇒  ポリゴンデータ  3D合成 ⇒  ギアのリバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>