木型の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

木型の実物を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 木型モデルについて

 ●木型は製品のデザイン、意匠面の確認用や鋳造型、菓子型、帽子型、靴型などがあります。

 ●天然木材、FRP、合成樹脂、発泡、おがくずなどの素材があります

 ●製品のデザイン、外観、使用感などの見た目使い勝手の確認に欠かせないモッアップモデルです。

 ●製品の可動部の取り付け位置、スペースの確認、解析などの検討用にも用いられます。

 ●家電製品、自動車、新幹線、航空機などのデザイン、機能検討用にも木型を利用します。

 ●鋳型 木型をもとで作成した鋳型に溶解した鉄を流し込む鋳造製品の製作に木型を利用します。

 ●菓子型 木型そのももが素晴らしい芸術品、伝統的な職人の技です。受け継がれてきた木型の伝統技術です。

 ●帽子型 天然素材やフェルトなどで作成する高級な帽子は伝統技術である木型を利用します。

 ●靴型 靴のデザイン、カタチ、履き心地などを決めるのは靴の木型です。近年はプラスチュク製が主流のようです。

 

  鋳造砂型の木型  鋳造中子の木型  機能検討木型   たいやき型      菓子木型     帽子木型      靴木型 

 

 

 木型モデルの現物形状からリバースモデル作成

 ①木型モデルの現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 ⑥リバースモデルは、CAE解析、CFD解析などに利用できます。

 

 原型師が製作した微妙なカーブなどの形状をデジタル化するには、現物を三次元計測してデジタル化する方法が用いられています。

 

 木型モデル  非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ⇒  ポリゴンデータ  3D合成 ⇒木型モデルのリバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>