プラスチック・樹脂部品の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。。

三次元計測3次元CAD

樹脂部品を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 プラスチック部品について

 ●プラスチック・樹脂部品は自動車のインスツルメントパネルやダッシュボードなど金属にはない特徴を生かした技術を応用部品です。

 ●電気自動車の普及に素材は金属からプラスチックへの移行が進行しています。

 ●自動車部品は、低燃費化が求められています。素材は金属からプラスチックへの移行が進んでいます

 ●プラスチック素材は、軽量なだけで はなく、高い耐久性、耐熱性、さらに電気絶縁性など金属にはない特徴も有しています。

 ●運転席モジュールとフロントエンドモジュールの主要部品のインパネル、キャリア、バンバーなどのプラスチック射出部品。

 

 フロントエンドモジュール インパネル  自動車部品       端子        ファン       電子機器      日用品

    

 

 プラスチック部品の現物形状からリバースモデル作成

 ①プラスチック部品の現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 

 リバースモデルの面について

 ●コンピュータで計算しての自動面は、形状そのままが再現できるため製品の形状評価に適していますが後工程での面修正はできません。

 ●CADモデリング方式のリバースモデル面は、履歴管理のCADモデリングのため、フィレットなどの、数値変更ができます。

 

 プラスチック部品非接触3次元計測・接触式3次元計測点群ポリゴンデータ 3D合成プラスチック部品のリバースモデル  

 


 <前のページへ戻る>