金型の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。。

三次元計測3次元CAD

金型の実物を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 金型について

 ●金属製品や樹脂製品の工業製品を製作するため、プレス加工、射出成形などで製作するための金型。

 ●形を作る為の金型、普通金型と特殊金型に分類されます。

 ●鋳造型 鉄、アルミ合金、銅、真鍮などの金属の溶湯を直接注ぎ込んで行なう鋳造の金型、砂型などがあります。

 ●プレス型 上下運動する機械に上下に分かれた型の間に材料を入れて打ち抜き、曲げなどの加工を行なう、金型は上下に分かれています。

 ●鍛造型 金属材料に高い圧力を加えて塑性変形で形状を作ります。熱処理や表面処理によって表面硬度を高めた工具鋼が用いられます。

 ●射出成形型 プラスチックを決まった形にするための金属製の型、動く所の可動側金型と動かない所の固定側金型に分かれています。

 ●ブロー成形型 製品材料のプラスチックが押出機からダイノズルの隙間を通ってバリゾンと言う筒状の樹脂を金型で挟み風圧で成形します。

 ●圧縮成形型 タイヤなどの成形材料を加熱した金型のキャビティに入れ、金型を閉じ、上から圧縮成形機で加圧賦形(形作る)する方法です。

 ●真空成形型 熱をかけて軟化させた樹脂シートを、成形型に押付けて型とシートの隙間の空気を吸取り真空に近い状態で密着成形します。

 ●回転成形型 大型タンク容器、大型ポリタンクなどのを作るに、金型を熱し粉末状のポリエチレンを入れて金型全体を回転させて成形します。

 ●押出し金型 アルミやプラスチックなどの母材を目的形状の断面を持つ押出しダイスに対し押し付け、均一断面の長尺製品を作成します。

 ●金属粉末射出成形金型 材料に金属粉末と合成樹脂のような添加剤を加えておき粘土状の材料を金型内に圧力を加えて流込み成形する。

 ●スタンパ ワックス型に硝酸銀の還元反応の銀メッキ施し導電化から無電解ニッケルメッキカニゼンメッキ施し裏面を銅の電鋳で裏打ちする。

 

  鋳造型   プレス型   鍛造型  射出成形型 ブロー成形型 圧縮成形型 真空成形型 回転成形型 押出型 金属粉末型 スパンパ型 

   

 

 金型の現物形状からリバースモデル作成

 ①金型の現物形状を三次元計測します。 

 ②三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 リバースモデルの面について

 ●コンピュータで計算しての自動面は、形状そのままが再現できるため製品の形状評価に適していますが後工程での面修正はできません。

 ●CADモデリング方式のリバースモデル面は、履歴管理のCADモデリングのため、フィレットなどの、数値変更ができます。

 

  金型 非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 金型のリバースモデルデータ作成  

 


<前のページへ戻る>