人工関節の実物から三次元CADデータを作成します。計測データから作成したCADデータは、3D/CAM及び各種解析などに利用できます。

三次元計測3次元CAD

人工関節を三次元計測、計測データからCADデータを作成します。

 

 人工関節について (股関節、膝関節、肩関節、足関節)

 ●機能が障害された関節の再建のために人工材料を用いて置換したものです。

 ●チタン合金、セラミックス、骨セメントなどが人工材料としてもちいられています。摩耗および摩擦力を少なくする研究がされています。

 ●こすれあう面の組み合わせでは金属対ポリエチレン、セラミック対ポリエチレン、金属対金属、セラミック対セラミックがあります。

 ●アルミナを主成分として、破壊靭性の高い複合セラミックス材料の開発が進められています。

 

  関節部分のこすれあう部分は摩擦に強いコバルトクローム合金とポリエチレンの組み合わせなど研究開発されています。

 

 

 人工関節の実物形状からリバースモデル作成

 ①人工関節の実物形状を三次元計測します。 

 ②人工関節の三次元計測データからポイントデータの点群データを最小化して点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズム(効率的手順)を利用し正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 リバースモデルの面について

 ●コンピュータで計算しての自動面は、形状そのままが再現できるため製品の形状評価に適していますが後工程での面修正はできません。

 ●CADモデリング方式のリバースモデル面は、履歴管理のCADモデリングのため、フィレットなどの、数値変更ができます。

 

 人工関節非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 人工関節のリバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>