ペットボトル容器及びペットボトル金型の実物を三次元計測 形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

ペットボトルの実物を三次元計測 計測データからCAD作成

 

 ペットボトル (PET bottle)について

 ●ペットボトルの言葉は、日本しか通用しない和製英語。

 ●ポリエチレンテレフタレート、PETを材料から作る容器をいいます。

 ●ポリエチレンテレフタレート、PETは合成樹脂のプラスチックの一種。

 ●ポリエチレンテレフタレートは、軽くて耐久性に優れることから飲料用容器として多く用いる。

 ●肉厚が薄い代わりに独特の凹凸模様や角をつけて補強している。

 ●飲料容器、食品、化粧品、医療品など、ガラス瓶や缶に変わる容器としてペットボトルに取って代わています。

 

 ●製造工程は、まず射出成形機で原型となる試験管状のプリフォームを作り、これを延伸ブロー成形機でボトルの形状にする。

 ①プラスチックボトルを金型ニセット

 ②溶融した樹脂をチューブ状に押し出す

 ③金型を閉じる

 ④エアーを吹き込みブロー

 ⑤ボトルを冷やす

 ③金型を開き、ボトルを取り出す

 

 PET樹脂ペレット溶融した樹脂をチューブ状に押出PET樹脂をチューブ金型に入れて加熱後エアーを吹き込みブロ-成形

    

 

 ペットボトルにおけるリバースエンジニアリングの利用

 ペットボトルの形状によって、商品イメージや販売数に影響が出るようにもなってきており、各社メーカはしのぎを削っています。

 試作モデルのCAD化、製品からのCAD化、金型からのCAD化などの現物形状から三次元CADを作成します。

 リバースモデルは、STL IGES パラソリッドなど、どのCAD/CAMでも使えるフォーマット形式で提供できます。 

 

 ペットボトルの実物形状からリバースモデル作成

 ①ペットボトルの実物形状を三次元計測します。透明の場合はX線CTスキャンします。 

 ②ペットボトルの三次元計測データからポイントデータの点群データ収集、収集した点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 ペットボトルの実物 非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>