仏像フィギアの模刻を三次元計測 形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

仏像フィギアの模刻を三次元計測 計測データからCAD作成

 

 仏像フィギア 仏像彫刻について

 ●摸刻は、釈迦信仰の復興と共に、鎌倉時代ごろからその摸刻が大量に生産されました。

 ●仏像彫刻には、石彫り、木彫り、青銅などを使った鋳造、樹脂を使った樹脂加工など多彩な方法があります。

 ●現在の摸刻は、造形作家と呼ばれる 立体造形の極致として仏像造形を追及し様々なリアルな造形を制作しています。

 ●仏像ブームで阿修羅像などの仏像フィギュア 模刻像が心の癒しのよりどころになっている。

 

 ●阿修羅像 細く長い六本の腕を空間に差し伸べて立つこの阿修羅像は、バランスのとれたみずみずしい美しさと真摯な姿に人気があります。

 ●釈迦如来 釈迦は実在する人物で、仏教の開祖となり神格化、永遠に衆生を救済する仏として崇められるようになったのが釈迦如来です。

 ●観音菩薩 慈悲の心により、救いを求めている人があったらすぐにそこへ行って救済をすると言われ、現世利益の要素が高い仏様です。

 ●四天王 四方を守る守護神とされます。一つの分野に対して優秀な四人組をし指す言葉でもあります。

 ●毘沙門天 四天王の一人の多聞天の別名、 財宝や福徳を与える神様とお奉りされ七福神の一神様の吉祥天の夫とされ信仰を集めている。

 ●金剛力士 釈迦のそばについて仏法を守る神でありその姿は、口を開けている「阿形」と、口を閉じている「吽形」の二種があります。

 

 ●如来の三十二面相 釈迦様が備えているとされる、32の優れた性質や姿形のことをいいます。

  ・頭の肉がもりあがっている ・眉間に右巻きの白い毛の塊がある ・まつげがそろっている ・瞳が青い ・白い歯が生えそろっている

  ・40本の歯がある ・白く鋭い牙がある ・豊かな頬がある ・柔らかく大きな舌がある ・どんなものでも最高の味を感じることができる

  ・よい声をしている ・全身が金色である ・身体が光を放つ ・なめらかな肌 ・やわらかくふくよかな体の肉 ・脇の下の肉付きがいい

  ・上半身がガッシリしている ・すっきりとした胴体 ・肩が丸みをもっている ・体毛が上向きで右巻き ・手足の指に水かきがある

  ・身長の長さと両腕を広げた長さが同じ ・男根が体内に隠れている ・足の裏が平らで安定している ・手足が柔らかい

  ・手の甲が広い ・手足の指が繊細で長い ・腕が長い ・かかとが広い ・足の裏に模様がある ・足のすねがほっそりとして繊細である

 

  阿修羅像       釈迦如来      観音菩薩        四天王      毘沙門天    金剛力士(阿形)   金剛力士(吽形)

   

 

 仏像彫刻におけるリバースエンジニアリングの利用

 仏像フィギアの模刻、原型、現物を三次元計測からCADデータ作成。作成したCADデータは拡大、縮小などのサイズの変更が容易に

 なり、ミニチャー仏像フィギアから等身大の仏像までの模刻データができます。

 リバースモデルは、STL IGES パラソリッドなど、どのCAD/CAMでも使えるフォーマット形式で提供できます。 

 

 仏像フィギア仏像彫刻の実物形状からリバースモデル作成

 ①仏像フィギア仏像彫刻の実物形状を三次元計測します。 内部データが必要の場合はX線CTスキャンします。

 ②仏像フィギア仏像彫刻の実物形状データからポイントデータの点群データ収集、収集した点群データを最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 仏像彫刻の実物  非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 ⇒ リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>