美術工芸の実物を三次元計測形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

美術工芸の実物を三次元計測計測データからCAD作成

 

 美術工芸について

 ●実用品としての機能性に、芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた、工作物のことをいいます。

 ●美術工芸には、置物(招き猫・梟・龍・聖観音・木彫七福神等)、照明器具、花台、パネル、文具などがあります。

 ●工芸は、生活道具など、無駄のない機能美の「用の美」が工芸とされています。

 ●工芸の分野として金工(鋳金・鍛金彫金)、木工(漆・竹)、染織、ガラスなどがあります。

 ●工業としての工芸は、工業デザインの、インダストリアルデザイン、グラフィツクデザインなども工業芸術として表現もされます。

 ●フィギユア造形師、工芸作家が緻密な手作業によって製作される、鑑賞目的の芸術作品もあります。

 

    招き猫        照明器具      花台          鋳金         鍛金         彫金       フィギュア造形

   

 

 美術工芸におけるリバースエンジニアリングの利用

 工業生産により、大量生産され、一般向けで実用のみを求める器物などの生産に、リバースエンジニアリング技術を

 取り入れることが有用になります。現物モデルなどを三次元計測して、計測データからCADデータを作成します。

 STL IGES パラソリッド等、CAD/CAMでも使える形式で出力します。、光造形や金型製作用データとして使用可能になります。 

 

 美術工芸の実物形状からリバースモデル作成

 ①美術工芸の実物形状を三次元計測します。 

 ②美術工芸の実物形状データからポイントデータを採取、計測データの点群を最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 美術工芸の実物 非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>